2021-2022ジャクエツ総合カタログ
14/524

122018年8月に整備が完成した園庭は、およそ半分を占める既存の天然芝の広場を除いても、約2000㎡もの面積を誇ります。周辺を病院やアパートなどに囲まれた敷地でありながら園庭の反対側には緑の木々が葉を茂らせる斜面が広がっています。今回の園庭整備では、斜面の木々の間に各種アスレチック遊具や木製の家(隠れ家)を配置し、平地部分には木製の大型総合遊具や砂場、水あそび用のガチャポンデッキなどを設けて、子どもたちが木に囲まれて、自然の中で遊びまわれる空間を表現しました。こうした設計には、遊びを通じて子どもの体と感性を育てる園の教育理念を実践する意図がありました。面積が広く斜面があって緑の多い敷地で、子どもたちが体と頭をフル回転させて遊べる環境を追求した結果、木製遊具を中心として園児と自然の出会いを導く「ヒトトキ」のコンセプトができ上がったのです。アスレチック遊具ジグザグの平均台や丸太のステップなどを緑の斜面に並べました。子どもたちが自由にコースをたどりながら運動できます。遊具も自然の一部に成長する遊び環境

元のページ  ../index.html#14

このブックを見る