2021-2022ジャクエツ総合カタログ
8/524

6 佐賀県で幼稚園と保育園を運営してきた社会福祉法人様が、両園を合併した認定こども園をスタートさせるにあたって、耐震対応の新園舎建設を計画しました。緑豊かな周辺環境とマッチさせながら、園庭も広く確保したいとの要望を受けて、扇のように広がった形状の園舎を提案。 円弧の内側に向かって下る屋根の赤と外壁の黒が、周囲の緑とのコントラストを鮮やかにします。左右両翼に別れた保育室は、大きなガラス戸を通して園庭を見渡すことができ、間仕切り戸を取り外せば、より広いホールとしても使用できます。天井を高くした保育室は、屋根へと開いた明かり窓からの採光を図りつつ、梁など木製の構造体が見えるようにして、木造建築の温かさを伝えています。各部屋を繋ぐ廊下と園庭に張り出したデッキスペースは、子どもたちに長い距離を歩く楽しさを提供し、広がりのある空間を形作っています。緑の丘に翼を広げ、自然を感じる木造園舎

元のページ  ../index.html#8

このブックを見る