ジャクエツのあゆみ

歴史・沿革

大正5年(1916)9月、初代社長徳本達雄がジャクエツグループの母体となる早翠幼稚園を開設。そこで使用する教材・教具を自前で考案・製造したことから、幼児教育用品の製造直販事業へと展開していきました。幼児教育の歴史とともに歩んできたジャクエツは創業より100年の長きにわたり、幼児教育環境の向上と、幼稚園・保育園の最適空間を目指してまいりました。

大正 5年

福井県敦賀市に早翠幼稚園設立 個人経営にて幼稚園教材の生産開始

昭和24年

株式会社若越 法人として設立

昭和34年

若越被服株式会社を設立 園児制服の生産開始

昭和43年

敦賀市若葉町に工場新設 遊具の生産を開始

昭和59年

株式会社若越文化事業を設立 文化環境整備事業を開始

昭和61年

遊具部門を分離し、株式会社ジャクエツ公園事業として設立

平成 2年

一級建築士事務所として、株式会社ジャクエツ環境事業を設立

平成11年

環境事業と公園事業を、株式会社ジャクエツ環境事業として合併
総合的な園環境整備事業を展開

平成13年

総合企画室として東京都港区にジャクエツ品川を開設

平成19年

「安心・安全な子ども環境への取組み」が認められ、第1回キッズデザイン大賞/経済産業大臣賞を受賞

平成21年

建築設計の本部として東京都港区に品川建築設計事務所を開設

平成24年

第三のモデル施設としての新和さみどり保育園開園

平成26年

日本初、遊具部門にて唯一、CSD認証を取得

平成27年

創業100周年目を迎える

平成29年

グループ2社・営業店全国70カ所(当時)で事業展開

平成30年

ホールディングス化によりグループ再編

令和元年

福井本社 新工場棟・INUHARIKO LABを新設