CEOからみなさまへ

ジャクエツが目指すもの

未来は、あそびの中に。

もし、世の中からあそびがなくなってしまったら、どんな世界になるでしょう。

子どもたちは、赤ちゃんから成長する過程で家族や集団の中に入り、「あそび」を通じて多くのことを学んでいきます。最近の脳科学研究では、他者の心を理解する共感力につながる「ミラーニューロンシステム」という神経系の作用で、子どもはあそびながら身体を動かすことで脳内に共感力のネットワークをつくり、他者理解の能力が発達することが分かっています。つまり、ヒトが今のような社会をつくることができたのは、長い進化の過程で「あそび」を強化することで共感力が育まれ、互いの知識や経験を共有できるようになり、社会性を身につけた高度な集団として繋がることができたためです。

私たちは、大きな災害や、新型ウイルスなどにより、子どものあそび環境が突然奪われてしまう経験をしてきました。また、こうした非常時に限らず、近年は日常的にさまざまな現代社会課題とあそびの喪失との連鎖が起きています。
一方、すでに社会はあらたな時代へと足を踏み入れました。これからますます進行する我が国の人口減少と少子高齢化の逆風のなかで、未来を拓いていくのは子どもたちにほかなりません。高い共感力をもち、さまざまな分断や障壁を乗り越えて、豊かな地域をつくっていく。子どもたちがそうした力を育めるように、あそびの基盤を整えていくことが、自社の使命と考えております。

すべての子どもたちに、より良いあそびを。
ジャクエツは、これまでも、これからも、未来を拓く子どもたちのために、安全で質の高いあそびの環境をデザインすることで、今すぐ実現する価値だけでなく、子どもの成長と共に拡大する価値、未来に花開く価値、即ち、未来価値を創造する会社を目指してまいります。より良い社会をつくる近道になると信じて。


遊ぶものは神である 神のみが遊ぶことができた。

遊は絶対の自由とゆたかな創造の世界である。

(白川静著『文字逍遙』の巻頭「遊字論」より)

徳本 達郎
ジャクエツ代表取締役CEO

あそびによる未来価値創造ループ

私たちの使命は、「あそびの環境をデザインすることで、未来価値を創造する。」です。

あそびについて現場の声をきき、製造して、届ける。
あそびを研究し、実証し、社会の課題を解決する。

あそびの環境をつくるメーカー/デザイン会社としての取り組みと、遊びの可能性を探求する研究所としての取り組み、2つのループを相互に作用させながら、より良い未来を創造します。