営業コースについて

ここでは、こども環境のスペシャリストとして、お客様に一番近い位置で仕事をする、ジャクエツの営業コースの中でも、「営業職」に焦点を当て、ご紹介します!
当社の幅広い事業領域をトータルにカバーし、より良い「こども環境づくり」をお客様と共につくりあげる仕事です。

営業職(ルートセールス)について

自分が担当するエリアの幼稚園・保育園さんに、教材や教具、遊具、備品などの商品をご提案します。
形のある商品だけではなく、あそび空間のデザインや、建物のリノベーション(改築・増築)、園舎の設計そのものもご提案いたします。
その他には、園の運営に関係するシステムや、情報サービスも。当社の幅広い事業領域を活かして、幼稚園・保育園といった「子どもの育つ環境」に関わるものであれば、ありとあらゆるものをご提案することができます。
お客様は、幼稚園・保育園の施設を経営されている、経営者の方々です。
時には、経営コンサルティングとして、子どもたちの笑顔が溢れる園づくりを、お客様と共に考えます。

全国に70%のシェアを持つ当社。既存のお取引のあるお客様のもとをご訪問させていただくことがほとんどです。
しかしながら、もちろん新規開拓を行うこともあります。
訪問の予定や、スケジュールは、自分で考えて実行に移すことができ、自分のペースで進めていくことができます。
一人が担当する幼稚園・保育園の数は、約80~100件です。一日の訪問は、約6~8件です。

お客様も、当社も、「子どもたちのためになることをしたい」という気持ちは同じです。
ただご用件をお伺いするだけではなく、子どもたちのより良い成長のために、自ら考えて行動します。
「こういったことで困っている」と、お客様からご相談をいただくこともあります。機械的にご提案をするのではなく、お客様のニーズや考え方を丁寧にお伺いし、当社の事業規模を活かした最適な提案を、ぜひ行ってください。

ジャクエツの営業職(ルートセールス)の特長

お客様や子どもたちとの距離が、非常に近い仕事です。自分がご提案した商品や空間で楽しそうに遊ぶ子どもたちの姿を、直接見ることができます。
お客様はもちろんのこと、子どもたちからも感謝の言葉を頂戴することも多く、大きなやりがいを感じることができます。
商品の企画開発を行うデザイン職や、設計職といった専門スタッフとの社内の距離も非常に近く、例えばお客様のご要望に対して最適な商品がないといった場合には、園のオリジナルの商品を一緒に考えたり、企画に提案することもあります。
園舎設計やリノベーションのご要望をお伺いした場合には、専門スタッフと一緒にお客様の元にご訪問します。
一人ではご提案することが難しい、専門知識が必要な案件でも、専門スタッフの支援体制が整っていますので、新入社員でもさまざまなご提案が可能です。

ある一日の仕事の流れ

9:00 出社後、メールや今日のスケジュールなどを確認。
お客様や、社内からの問い合わせに答えたり、伝票や見積もりの準備をしたりします。
本日納品する商品を用意し、書類をまとめ、営業活動に出発する準備を行います。
 
9:30 営業車に乗って、営業へ出かけます。
自分が担当するエリアの幼稚園・保育園さんへ出発。
営業車は一人に一台用意されます。
 
10:00 新商品の三輪車を持ち回り、お客様へご紹介します。
実際に商品を持ってお伺いし、実物をご確認いただくことが多いです。

午前中に、あと2件訪問しました。
 
13:30 遊具の提案をしているお客様のもとで、打ち合わせを行います。
先生のご要望をお伺いし、自分の意見もお話します。
図面のデータや、イメージパースを用いながら話し合います。
午後は、このほかに3件の園を訪れました。
 
17:00 営業店へ戻り、店のメンバーとの会議に参加をします。
各エリアの情報共有や、展示会に向けての相談など、先輩社員に営業のノウハウを聞いたり、成功事例を共有したりして、意見を交換します。

明日の営業の準備をして、退勤します。お疲れ様でした!