いそやま保育園

いそやま保育園 三重県鈴鹿市

[概要]
当初は新たな総合遊具の導入計画から始まりましたが、全面に人工芝を敷き詰め、年齢によるエリア分けを取り入れた総合的な園庭整備計画になりました。
3才以上の園児と学童保育を利用する児童向けに、オリジナル設計の大型の木製総合遊具が設置された「幼児・児童エリア」。こちらでは、登ったり、跳んだり、ぶら下がったりと、遊びながらさまざまな運動スキルを育めます。
3才未満の園児を対象に、地面を周囲から一段高くしてエリア分けされた「低年齢児エリア」。こちらでは、小さな子どもたちが築山や高さの低い遊具の間を動き回りながら、思い思いに遊ぶことができます。子どもが転んだり滑ったりしても安全が確保できる緑の芝生のフィールドで、個性豊かな園児たちが元気いっぱい駆け回ってあそびと運動が体験できる園庭となりました。

ジャクエツ『未来は、あそびの中に。』